必要なシチュエーションで、
効率的にエネルギーを摂取できる。

Roppongi Express RX BIKE OFFICIAL RACING TEAM

ツールド・おきなわ210㎞通算6勝、UCIグランフォンド世界選手権40-44で2017年2位、
2019年3位の記録を持つサイクリスト高岡 亮寛氏が率いるアマチュアのサイクルチーム。

競技特性とエネルギー(糖質)補給に
求められるポイント

長距離・長時間(〜200km、〜5.5時間)に及ぶ自転車ロードレースでは競技中に膨大なエネルギーが必要になり、細かくエネルギー摂取をしなければならないことがあります。ただ単純に量や回数だけが重要ではなく、補給することによる体への負担を誘発せず、いかに大量の糖質(エネルギー)を摂れるかが重要なポイントです。

どのようなタイミングで
パラチノース®を摂取している?

レース・トレーニング時にはドリンクボトルの水分に40gほどパラチノース®を混ぜて摂取しています。レース・トレーニングの前後でも、朝食のコーヒーに入れたり、プロテインに混ぜたりして摂っています。

パラチノース®普通の糖質と違う点は?

瞬間的なエネルギー吸収ではなく、じわじわと体に吸収されているかんじが得られます。起床後は何も食べずにコーヒーにパラチノースだけ入れて飲み、練習時のドリンクボトルにパラチノースを入れてトレーニング中も摂取して、100kmノンストップで走ることもあります。パラチノースの補給に変えてからスムーズな栄養補給が可能になりました。これは本当に効果を感じています。
また、日常生活でもコーヒーにパラチノースを入れて摂取することにより小腹満たしとして活用しています。

どんなアスリートにオススメ?

競技志向のアスリートだけでなく、過剰なエネルギーを摂取したくない人であれば誰でも試してみると効果はあると思います。パラチノースを積極的に摂取した方が、効率的にエネルギーが補給できると思います。